スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




↓記事をお読みの後、1クリックいただけると励みになりますm(._.;)m

にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ

ブログ為替レート


自己紹介とブログの主旨

はじめまして。
ブログっていうのは初めてなので、少し緊張しています。

このブログでは、自分のFXの基本戦略や日々の取引記録を書いていく予定ですが、まず簡単に自己紹介をしておきたいと思います。

プロフィールにも書いた通り、本業は心理学の研究・教育です。
心理学っていうのは、観察、調査、実験などの手段で体系的にデータを収集し、それを統計的に解析することで、人間の心理と行動の特性やメカニズムを解明する学問領域です。
非常に誤解されやすいのですが、まず雑誌とかテレビでよく出てくる「心理テスト」というのは、心理学とはほぼ無関係です
ある問題に対する答えから、その人の「深層心理」が予測できるというのは、ありえない話ではないですが、ほとんど偶然に近いレベルでしか予測力を持たないというのが実際のところですし、そもそも雑誌やテレビで出てくる「心理テスト」のほとんどは、実証的な検討を経て作成されているものではありません。
それと、心理学といえば「読心術」というイメージを持つ人も多いようですが、これもあまり正確ではありません。
確かに心理学の知見を使えば、人の言動や周囲の状況から、ある程度、その人の感情や思考を予測することはできますが、これもそれほど高い精度ではありませんし、第一、心理学はそれを目的にした学問ではありません。
むしろ、人間の心理の法則性を知ることによって、広い意味で、個々の人間がより幸福に暮らせる物理的・社会的環境を作っていくということが心理学の目的です。
単に「目の前の人の心を読む」という狭い目的のために研究をしているわけではないのです。

そして、最大の誤解は、心理学は「オカルト」っぽいというイメージです。
確かに一昔前は、非科学的な手段で研究や臨床活動を行う心理学者が少なからず存在していたのも事実です。
例えば、高校の教科書にも出てくるフロイトとかユングといった人たちの提唱した「精神分析」の理論と手法は、実証的な裏付けをほとんど持たないにも関わらず、多くの心理学者に信じられ、用いられ続けてきましたが、近年では、より実証的な裏付けのある理論と手法にその地位を譲っています。
現代の心理学者の大部分は、心理学が人文学ではなく、社会科学もしくは生物科学の一分野であるというコンセンサスを形成しており、実証的な裏付けのない言説は、今の心理学の世界では受け入れられなくなっています。

で、その「実証的な裏付け」っていうのを得るために、多数の人間を対象に観察、調査、実験などを実施して、体系的にデータを収集した上で、それを統計的な解析にかけるということが必要になります。
多数のデータを統計的に解析することで、偶然の影響を取り除いて、真の人間の特性を見ようとするわけです。
僕は職場の研究グループの中でも、特にその統計解析の業務を担当しているので、データから法則性を見出すというのは、それなりに経験もあり、得意としているところです。

もちろん心理学のデータと為替データは性質も違い、用いる統計手法も異なりますが、主観的なセンス(感覚)の部分では、かなり共通するところもあるように感じています。
「統計」というと、客観的で主観の入り込む余地のない作業のようなイメージがありますが、実際にはそんなことはありません。
データをざっと見てどういう傾向があるか「あたり」をつける、それに基づいてどういう手法で解析をするか判断する、うまくいかないときは何が原因なのか推理し別の仮説を考える…。
統計解析っていうのは、けっこう主観的な推論や判断と客観的な計算手続きのいったりきたりで進む作業です。
FXでも数多くの統計指標がありますが、今の状況でどの指標を使うのがいいかを考えたり、複数の指標を総合して最終的に買いもしくは売りの判断を下すときには、少なからず主観が入ってくるはずです。
100%機械的にトレードしても、まあそんなに勝率よくならないですよね(それで儲ける方法があるなら、みんなそれで儲けてるはずですし)。
その主観の部分で、心理学のデータ解析の経験はFXにも活かせるように感じています。

実際、FXを本格的に初めて3ヶ月ですが、経済状況はほぼ考慮せず取引をして、52万円の利益が出ています。
元手が320万円なので、16.25%の利益率です。
またいずれ詳しく書きますが僕は年利10~20%を目標にしているので、一年分の目標が3ヶ月でほぼ達成された状況になっています。
これ、別に高いレバレッジで無理やりハイリターンを狙っているわけではなく、基本はスワップ狙いの長期保有を可能にするため2倍前後に設定しています。
で、たまに大きな値動きで差益が出たときに決済をし、また下がってきたら、ここで反転するなと思うところで再び買い戻すだけです。
11回のトレードで負けが2回(-12,772円)、勝ちが9回(476,696円)、スワップが57130円です。
統計的に、11回の試行のうち9回以上勝つという事態は、偶然には3.27%しか起こらないので、「統計的に有意な勝率」ということになります(通常、偶然で起こる確率が5%以下なら有意=「偶然とは言えない」とみなします)。

そういうことで、せっかく偶然以上の確率で勝てるのなら、自分の取引の情報を公開して、同じように喜べる人ができればいいと思い、このブログを開設したというわけです。
もちろん取引はご自分の判断と責任でしていただく必要があるので、あくまで一つの参考情報として使ってもらえればと思いますが。

では、また詳しい内容は明日以降、少しずつ書いていきたいと思います。



↓記事をお読みの後、1クリックいただけると励みになりますm(._.;)m

にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ

ブログ為替レート


スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)‐ ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

PhD

Author:PhD
数年前に心理学の博士号を取得し、現在は国内の某大学に勤めています。

本業は心理学なので、経済事情にはまったく無頓着です。
ただ、普段の研究活動では、膨大な調査データを統計的に解析し、法則性を見出すことばかりやっているので、その経験で磨かれた直観は、FXでも多少は通用するようです。

基本戦略は、豪ドルのスワップ+スイングトレードの併用です。
焦らず、驕らず、欲張りすぎずをモットーとし、年利10~20%を目標に、地道にやっていきます。

職業柄、文体は堅いですが、中身は寂しがり屋の子どもです。
コメント、トラックバック、リンクはお気軽にどうぞ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご注意
当ブログは、FXに関する情報の提供を目的としており、商品売買や投資勧誘などを目的としたものではありません。トレード等における最終的な判断は、全てご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。当ブログの情報により生じた損害、費用につきまして、当方は一切の責任を負いませんので予めご了承ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。