スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




↓記事をお読みの後、1クリックいただけると励みになりますm(._.;)m

にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ

ブログ為替レート


トレール注文【とれーるちゅうもん】

自動スライド機能を付加したストップ注文で、為替レートが有利な方向に変動したときに、一定の幅で自動的にストップレートも変動していく。
トレーリングストップ注文とも。

例えば、下図のようにドル/円を85.0円で買い、その後、85.6円までレートが上昇した場合、レートが0.2円上昇するごとにストップのレートも0.2円ずつ上昇する(トレール単位を0.2円に指定した場合)。
このストップレートのスライドは、為替レートが上昇している(有利な方向に変動している)場合にのみ生じるため、その後、レートが下落してもストップは84.6円のまま変化しない。

トレール注文

フォーランドオンラインQ&Aより転載

[メリット]
トレンドがしばらく持続した後、急激な反発や反落があっても、損失を最小限に食い止めたり、一定の利益を確保することができるため、トレンド追従型の戦略に適している。

[デメリット]
トレール幅の設定によっては、意図しないタイミングで注文が執行されてしまうことがある。
逆張りの際など、エントリー時のレートとストップの設定レートが比較的近い場合には適さない。



↓記事をお読みの後、1クリックいただけると励みになりますm(._.;)m

にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ

ブログ為替レート


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PhD

Author:PhD
数年前に心理学の博士号を取得し、現在は国内の某大学に勤めています。

本業は心理学なので、経済事情にはまったく無頓着です。
ただ、普段の研究活動では、膨大な調査データを統計的に解析し、法則性を見出すことばかりやっているので、その経験で磨かれた直観は、FXでも多少は通用するようです。

基本戦略は、豪ドルのスワップ+スイングトレードの併用です。
焦らず、驕らず、欲張りすぎずをモットーとし、年利10~20%を目標に、地道にやっていきます。

職業柄、文体は堅いですが、中身は寂しがり屋の子どもです。
コメント、トラックバック、リンクはお気軽にどうぞ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご注意
当ブログは、FXに関する情報の提供を目的としており、商品売買や投資勧誘などを目的としたものではありません。トレード等における最終的な判断は、全てご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。当ブログの情報により生じた損害、費用につきまして、当方は一切の責任を負いませんので予めご了承ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。