スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




↓記事をお読みの後、1クリックいただけると励みになりますm(._.;)m

にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ

ブログ為替レート


揺れ動く二つの群集心理:日足でのトレードはしばらく難しい展開か

昨日からのユーロの反発にともなって、豪ドル、NZドル、カナダドル、ポンドは軒並み値を上げています。
11月下旬あたりからの豪ドルを始めとする資源国通貨の日足をよく見てみると、上昇方向の動きが急激に起こって、その後、比較的小幅にゆっくりと下降するという展開が繰り返されています。
この不可解な動きの背景に見え隠れするのは、二つの群集心理の葛藤です。
一つは、ヨーロッパの債務問題の影響を懸念する心理、もう一つは、経済の堅調な資源国通貨を買い戻したいという心理です。

下の図は、9月以降のユーロ円と豪ドル円の日足です。
図のちょうど真ん中あたり(11月24日ごろ)に黄色い丸を書いていますが、このあたりまで、ユーロ円と豪ドル円は非常に似通った動きをしてきました。
方向も動きの幅もほとんど同じです。
まるで豪ドルとNZドルを並べて見ているようです。
しかし、この後、ユーロと豪ドルの関係性は変化してきます。
それまでと同様、ユーロが上がれば豪ドルも上がり、ユーロが下がれば豪ドルも下がるという方向自体はおおむね一致しているのですが、上昇時の値動きの幅が全く違います。
ユーロが小幅な上昇に留まる日でも、豪ドルは非常に大きな上昇を示しています。
そして年始の日記でも書いたように、最近はトレンドの方向さえ逆になってきています。
本日の上昇幅もユーロに比べると非常に大きいものです。

豪ドル円&ユーロ円の日足


こうした動きを見る限り、投資家は豪ドルを買い戻したいという強い意思を持っていると見えますが、まだ欧州問題を完全に無視できるほどの覚悟もできていないというのが現状のようです。
このところの豪ドルの日足は、こうした二つの群集心理の葛藤で、まったくテクニカルが機能しない展開になっています。
過去のチャートを見る限り、いったんこういう展開に入ると、少なくとも1ヶ月程度は同様の展開が続くことが多いようです。
まだ当分の間、日足でのスイングトレードは控えた方がよいと思われます。
状況が状況なので、時間がある日にはやけどしない程度にデイトレードでもやってみようかと思います。



↓記事をお読みの後、1クリックいただけると励みになりますm(._.;)m

にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ

ブログ為替レート


テーマ : FX(外国為替証拠金取引)‐ ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ユーロ円と豪ドル円が似通った動きをするのは、どちらとも円が絡んでいるからではないかというご指摘ですが、確かにそういう側面もあるかと思います。
ただ、ここで問題にしているのは、11月下旬まで同じような動きをしてきたユーロ円と豪ドル円が、それ以降、異なった動きを見せ始めているという点です。
この相違性については、円自体の値動きでは説明のつかない現象ですし、実際、ユーロドル、豪ドルドルで見ても、同じような現象が起こっています。

テクニカルでトレードするならドルストレートの方が読みやすいというのは、確かにその通りかもしれません。
ただ、自分の使っている業者では、扱っているドルストレートの通貨ペアの種類がそれほど豊富ではないので(日本の業者はだいたいそうだと思いますが)、現実的制約から消極的に結局クロス円を選択しているという状況です。
最近のチャートを見る限りは、ドルストレートもクロス円もそれほど異なった動きをするわけではないので、読みやすさもそう大きくは違わないと思いますが。
プロフィール

PhD

Author:PhD
数年前に心理学の博士号を取得し、現在は国内の某大学に勤めています。

本業は心理学なので、経済事情にはまったく無頓着です。
ただ、普段の研究活動では、膨大な調査データを統計的に解析し、法則性を見出すことばかりやっているので、その経験で磨かれた直観は、FXでも多少は通用するようです。

基本戦略は、豪ドルのスワップ+スイングトレードの併用です。
焦らず、驕らず、欲張りすぎずをモットーとし、年利10~20%を目標に、地道にやっていきます。

職業柄、文体は堅いですが、中身は寂しがり屋の子どもです。
コメント、トラックバック、リンクはお気軽にどうぞ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご注意
当ブログは、FXに関する情報の提供を目的としており、商品売買や投資勧誘などを目的としたものではありません。トレード等における最終的な判断は、全てご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。当ブログの情報により生じた損害、費用につきまして、当方は一切の責任を負いませんので予めご了承ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。